神社

鈴鹿明神社

\ 0(税別)

ベンダーに連絡

商品・サービス紹介

初穂料100,000円

【御祭神】
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)/素戔鳴尊(すさのをのみこと)
弘治2年京都祇園八坂神社より素戔鳴尊を合祀する。

【例大祭 8月1日 】
毎年8月1日に行われる年間の中でも最も重要なお祭り(大祭)で、献弊使(けんぺいし)をお迎えし幣帛料をお供えし、氏子崇敬者の安泰をお祈りする神事です。祭典は午前9時半に斎行し、朝11時から夜9時30分まで神輿が氏子区域内を巡幸します。

【 夏越大祓式 6月30日・年越大祓式12月27日】
大祓とは、氏子崇敬者中の人々の心や身体に色々なことが起こる原因を取り除き幸福と繁栄を迎えるために諸々の罪穢を祓い清め清明心を自己の内に培う神事です。毎年6月30日午後3時より、12月27日午後1時より年二回大祓式を厳修し、氏子崇敬者の皆様からお預かりした人形を水清き河海に流し清めるか聖浄地において御浄火にふして罪穢消滅を祈願致します。

【詳細】

所在地:〒252-0024 神奈川県座間市入谷1丁目3500番地

交通:小田急線 座間駅 より 徒歩約8分
   JR相模線入谷駅 より 徒歩約10分

駐車場:有

収容人数:本殿120名

現在、日本にはさまざまなカタチの結婚式がありますが、神社で行う神前結婚式は、単なる流行やブライダルビジネスとして商業的に行われているものとは異なり、古来より両親から自分へ、自分からわが子へと、人生儀礼(営み)を通して世代を超えて継承され続けている、大切な「心」と「心」を繋ぐ、「美しい結婚式のカタチ」なのです。

現在「和婚ブーム」とも言われるなか、より商業的・ファッション的に扱われがちな神前結婚式に対して、神社結婚式振興会は、新郎新婦となるおふたりやご家族の皆さまに対して、神社側から、その意義や意味を正しくお伝えし、私たち日本人の暮らしに溶け込んでいる、たいせつな精神である「神道=日本人のこころ」をもって、幸せなご家庭を築いていただけることを目的としています。

ベンダー詳細へ