神社

大宮八幡宮

\ 0(税別)

ベンダーに連絡

商品・サービス紹介

初穂料 100,000円

戌の日の安産祈願・縁結び・厄除開運の八幡さま。『東京のへそ』として、1000年の歴史 を誇る大宮八幡宮。
訪れる者を神々の記憶と数々の日本の歴史へと誘う。体内回帰の できる聖なる緑豊かな都心の杜。荘厳な神門を入ると、正面に見えるのが、総檜造りの大宮八幡宮のご社殿です。
大樹の緑に映えながら、鎮まっています。現在の御社殿は、御鎮座900年を記念の御造営で、昭和40年に竣功しました。
鎮座地の大宮という地名は、当宮の 神域が広大であったことから名づけられました。

清涼殿は、当大宮八幡宮を熱心に崇敬されておりました清涼院殿のご遺徳を偲び命名されました。清涼院殿は、徳川家康公の次男、松平秀康の側室となった女性です。
元禄10年(1697)には、生前清涼院殿が熱願されていた当宮の大改修が行われました。
境内には清涼院殿お手植えの菩提樹が今も残っています。

結婚式場清涼殿では、用途や規模に応じて6種の会場をご用意致しております。各会場には、お客様のご婚礼にふさわしく、様々な瑞祥にちなんだ名前がつけられています。
窓からは境内の緑が広がり、落ち着いた雰囲気のある披露宴会場は最大100人程の収容が可能です。又、会食形式の披露宴にも対応しております。
中庭には日本式庭園や幸福撫でがえる石などがあり、あたりは四季折々の自然豊かな草花の共演をお楽しみ頂けます。
その他初宮詣や七五三詣など御祈願の後の饗膳(お食事)にもご利用可能です。

【詳細】

所在地:〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1

交通:京王・井の頭線「西永福駅」下車 徒歩7分
   京王・井の頭線「永福町駅」下車 徒歩10分

駐車場:50台(無料)

収容人数:100名

現在、日本にはさまざまなカタチの結婚式がありますが、神社で行う神前結婚式は、単なる流行やブライダルビジネスとして商業的に行われているものとは異なり、古来より両親から自分へ、自分からわが子へと、人生儀礼(営み)を通して世代を超えて継承され続けている、大切な「心」と「心」を繋ぐ、「美しい結婚式のカタチ」なのです。

現在「和婚ブーム」とも言われるなか、より商業的・ファッション的に扱われがちな神前結婚式に対して、神社結婚式振興会は、新郎新婦となるおふたりやご家族の皆さまに対して、神社側から、その意義や意味を正しくお伝えし、私たち日本人の暮らしに溶け込んでいる、たいせつな精神である「神道=日本人のこころ」をもって、幸せなご家庭を築いていただけることを目的としています。

ベンダー詳細へ