神社

七社神社

\ 0(税別)

ベンダーに連絡

商品・サービス紹介

初穂料 50,000円

境内には末社として天祖神社(一本杉神明宮)・稲荷神社・熊野神社・菅原神社・三峯神社・疱瘡社(ほうそうしゃ)が祀られています。
一本杉神明宮は、もともとこの地に祀られていた神社ですが、七社神社の遷座により末社となりました。当時の一本杉の御神木は古木として現在も社奥に切株が残っています。
また、社殿前のこま犬は雄も雌も子供を守る様子から、子宝・安産・家庭円満のご利益があると云われています。

七社神社は七柱の神々を祀るお社として西ヶ原に鎮座します。
七柱の神々の内、天児屋根命(あめのこやねのみこと)は、天照大神が天の石屋に閉じこもった際「祝詞(のりと)」を奏上した神で、中臣の祖神として信仰され、祝詞の神とも言われています。
今日も人生儀礼のお参りをはじめ様々な願いを神に祈ります。
「祈願祭」は、皆様の願いを祝詞に託し神様に奏上する尊い祭りです。

七社神社のご祭神である伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)は、神代の昔「天の御柱」を周り結婚し、国生みを成し遂げ、多くの神々を生み出しました。
当七社神社ではご祭神のご縁をいただき本殿にて結婚式を奉仕します。
当日はひとつひとつの儀式の意味をしっかりと理解した上で神前結婚式に臨むことができます。
誓盃の儀、誓詞奏上、玉串拝礼などふたりが行う儀式についても作法や意味などのお話をします。
一通り当日の流れにそったリハーサルを行います。

所在地:〒114-0024 東京都北区西ヶ原2-11-1

交通:東京メトロ 南北線 「西ヶ原」駅2番出口より徒歩2分       

   JR京浜東北線 「上中里」駅「王子」駅より徒歩10分

   都電荒川線 「飛鳥山」駅より徒歩5分

駐車場:20台(無料)

収容人数:40名

現在、日本にはさまざまなカタチの結婚式がありますが、神社で行う神前結婚式は、単なる流行やブライダルビジネスとして商業的に行われているものとは異なり、古来より両親から自分へ、自分からわが子へと、人生儀礼(営み)を通して世代を超えて継承され続けている、大切な「心」と「心」を繋ぐ、「美しい結婚式のカタチ」なのです。

現在「和婚ブーム」とも言われるなか、より商業的・ファッション的に扱われがちな神前結婚式に対して、神社結婚式振興会は、新郎新婦となるおふたりやご家族の皆さまに対して、神社側から、その意義や意味を正しくお伝えし、私たち日本人の暮らしに溶け込んでいる、たいせつな精神である「神道=日本人のこころ」をもって、幸せなご家庭を築いていただけることを目的としています。

ベンダー詳細へ